DM印刷&発送代行サービスの活用法 » 効果的なDM&販促しないDMの活用例 » 年賀状などのグリーティングカード

年賀状などのグリーティングカード

このページでは、社交辞令と思われがちな年賀状などのグリーティングカードを販促につなげる方法を紹介します。

商機を逃さないための年賀状などの印刷サービス活用

年賀状などの印刷サービスのイメージ年賀状や暑中見舞いなど儀礼的なものはついつい軽視しがちですが、企業にとっては顧客とのコミュニケーションツールのひとつであり、業種や取扱商品・サービスなどによってはもっと有効な使い方もできるもの。そういった視点で見た時に、検討すべきポイントを以下にピックアップしてみました。

BtoB企業にとってのグリーティングカード

会社や部署宛ではなく、取引先の担当者宛に送るグリーティングカードとしては、営業色が前面に出過ぎず、顔つなぎとして送るのに適しています。特に年賀状は普段あまり顔を合わせる機会がない相手でも目を通してくれる可能性が高いので、新商品やサービスの特長をさりげなく盛り込むとか、以前と体制が変わった点などをさりげなく伝えるのにいいでしょう。

BtoC企業にとってのグリーティングカード

年賀状、クリスマスカード、暑中見舞いのいずれも夏冬のボーナスシーズンと近いこともあり、バーゲン情報シーズンキャンペーンなどと絡めた内容にすれば、受取手から見てもメリットが感じられます。特に年末年始はイベントごとも多く出費マインドが高まるので、何もない時期にDMを送るより消費意欲が高まっている可能性もあります。

このような一種の商機を逃さないためにも、年賀状などの作成でもDM印刷サービスの活用を今一度見直してみてください。

DM専門の印刷サービスなら年賀状のバリエーションも豊富

年賀状やクリスマスカードという商品は印刷会社にとっても大きな需要のあるマーケット。デザインテンプレートもバリエーションが豊富ですし、特殊DMなどによる工夫を凝らしたものが多々あります。個人間でやりとりするグリーティングカードだとせいぜいデザインをどれにするかを選ぶ程度ですが、ビジネスで送るならDM印刷の実績が豊富な業者に相談するといいでしょう。業種によっては競合他社もDMに注力する時期なので、より効果的な販促活動を行うためにはオリジナリティの演出で差別化するのがポイント。それらを自社内だけで検討するよりは、DMに強い印刷会社のサポートを得るのが得策です。

費用対効果の高いDMをラクしておトクに作るには?

ホントにおトクなDM印刷&発送代行会社5選

まるわかり!DM業者12社リスト

この記事の関連のページ

当サイトの記載内容に関するご注意:当サイトは、管理人が調査した内容に基づいて制作したものです。内容は正確を期すように努めましたが、各社が提供するサービス内容については、調査後に変更されている場合がありますのでご了承ください。また、管理人による誤解が含まれている可能性もありますので、各社のサービスを利用される際には、公式HPなどで詳細のご確認をお願いいたします。

Pagetop

ケイジェント・プロダクツ

標準 DMはがき
パック
122,395円
1通あたり61.2円
広い 圧着はがき
パック
166,240円
1通あたり83.1円
急ぎ 宛名
パック
112,200円
1通あたり56.1円

小松総合印刷

標準 DMはがき
パック
要見積
広い 圧着はがき
パック
要見積
急ぎ 宛名
パック
120,000円~
1通あたり60円

DMパック

標準 DMはがき
パック
153,760円
1通あたり76.9円
広い 圧着はがき
パック
167,660円~
1通あたり83.8円
急ぎ 宛名
パック
×
※2000部を発注した場合(郵送料込/税込)の料金で比較しています