DM印刷&発送代行サービスの活用法 » 丸投げできるDM代行サービスのメリット&デメリット » 発送代行

発送代行

このページでは、広告郵便割引やバーコード割引といったDMの送料を安価に抑えるための発送代行サービス活用法を説明します。

できるだけDMを安価に送りたいなら発送代行サービスを使う

DMを安価に送れる発送代行サービスのイメージDMにかかる予算のうち送料は実費なのでどこに頼んでも同じだと思っていませんか?実は発送代行サービスの中には割引制度も利用できるものがあるのです。それが広告郵便割引とバーコード割引。ここではこの2つの割引制度について説明しましょう。

DMで使える広告郵便割引とは

通常はがき・往復はがき・封書で商品広告・役務広告・営業活動の広告を同一内容で2000通以上送る場合、広告郵便として11~48%郵便料金が割引になります。求人広告や個人情報を記載されているものなど、適用外になる内容もあり、郵便局の承認を得る必要もあるため、代行サービスに対応している業者に依頼するのがおすすめです。

なお、送達日数は標準より3日から1週間程度かかることも条件なので、スケジュールに余裕を持ってプラニングする必要があります。

DMで使えるバーコード割引とは

受取人の住所などをバーコードで印字することで2.5%もしくは5%郵便料金が割引になる制度。通常はがき・往復はがき・定形郵便物が対象で1000通以上の発送時に利用できます。バーコード印刷や形状・重量の条件も決まっているので、こちらも対応できる専門会社に依頼すれば間違いないでしょう。

広告郵便割引とバーコード割引は同時適用も可能なので、決まった予算内で注力するなら送料をできるだけ抑えてコンテンツ自体に予算を割く方が賢明というものです。

DM発送代行サービス対応の業者選びのポイント

上で触れたのはあくまで広告郵便割引とバーコード割引の概要。実際の条件はもっと詳細で、確実に割引制度を利用しつつ、郵便局への申請手続きを迅速に進めるなら、丸ごとお任せできる発送代行サービスを利用してください。

業者を選ぶ際も、発送代行サービスへの対応だけでなく、DM製作をサポートしてくるかどうかもポイント。郵便物としての仕様が割引制度の条件に合っていないとコストダウンにはならないので、内容を決めてしまってから業者に相談しても手遅れということもあるのです。

費用対効果の高いDMをラクしておトクに作るには?

ホントにおトクなDM印刷&発送代行会社5選

まるわかり!DM業者12社リスト

この記事の関連のページ

当サイトの記載内容に関するご注意:当サイトは、管理人が調査した内容に基づいて制作したものです。内容は正確を期すように努めましたが、各社が提供するサービス内容については、調査後に変更されている場合がありますのでご了承ください。また、管理人による誤解が含まれている可能性もありますので、各社のサービスを利用される際には、公式HPなどで詳細のご確認をお願いいたします。

Pagetop

ケイジェント・プロダクツ

標準 DMはがき
パック
122,395円
1通あたり61.2円
広い 圧着はがき
パック
166,240円
1通あたり83.1円
急ぎ 宛名
パック
112,200円
1通あたり56.1円

小松総合印刷

標準 DMはがき
パック
要見積
広い 圧着はがき
パック
要見積
急ぎ 宛名
パック
120,000円~
1通あたり60円

DMパック

標準 DMはがき
パック
153,760円
1通あたり76.9円
広い 圧着はがき
パック
167,660円~
1通あたり83.8円
急ぎ 宛名
パック
×
※2000部を発注した場合(郵送料込/税込)の料金で比較しています