DM印刷&発送代行サービスの活用法 » 丸投げできるDM代行サービスのメリット&デメリット » 文面作成サポート

文面作成サポート

このページでは、ムダなミスを防ぎレスポンス率を高める方法として、文面作成をサポートしてくれる印刷会社選びについて説明します。

印刷会社にとっての文面サポートというサービスとは

文面サポートサービスのイメージ文面作成サポートという面で比べてみると、DM印刷会社によって対応範囲はかなりの違いがあります。一切サポートしない業者の場合、入稿データは完全原稿であり、誤字脱字はもとより文字化けやデータの不具合があっても業者側がデータを修正してくれることはありません。問題点を指摘してくれるところもあれば、そのまま出力・納品する業者もあるほど。

このような入稿データのトラブルに対応してくれるのがデータ修正サービス。オプションになるのが一般的で、問題点を指摘してくれてデータの修正にも対応してくれます。また、文面の問題点をチェックするという意味では、文字校正をオプションサービスとしている印刷会社もあるのです。

定型文こそDMのプロの文面作成ノウハウを頼りにする

文面のチェックというレベルではなく、文案から相談できるサービスも意外と企業にとっては使い勝手のいいもの。例えば、役員交代や店舗移転などの挨拶状は決まり文句を並べればいいと思いがちですが、その企業の顔が見える文章ともいえるのです。こうした定型文的なコンテンツこそ、良識や知性が出てしまう傾向があり、ネット上で見つけた文例をそのまま使ってしまうと、受取手の印象に残らないばかりか、思わぬ恥をかいてしまうリスクもあるのです。

そんな時に頼れるのが文面作成コンシェルジュ。挨拶状などDMの文面に精通したスタッフが、文面作成をサポートしてくれるサービスです。相談だけなら無料で、もちろんオリジナル文章の作成にも対応してくれます。印刷代とは別のオプションにはなりますが、費用も5,000円程度から利用できるのでお得感があります。大切な顧客や取引先に送る書状なら、ちょっとした費用をケチるより、ぜひともこうしたプロの専門サービスを利用してください。挨拶状は企業にとって一種のコミュニケーションツール。費用対効果で見てもおすすめしたいオプションサービスです。

費用対効果の高いDMをラクしておトクに作るには?

ホントにおトクなDM印刷&発送代行会社5選

まるわかり!DM業者12社リスト

この記事の関連のページ

当サイトの記載内容に関するご注意:当サイトは、管理人が調査した内容に基づいて制作したものです。内容は正確を期すように努めましたが、各社が提供するサービス内容については、調査後に変更されている場合がありますのでご了承ください。また、管理人による誤解が含まれている可能性もありますので、各社のサービスを利用される際には、公式HPなどで詳細のご確認をお願いいたします。

Pagetop

ケイジェント・プロダクツ

標準 DMはがき
パック
122,395円
1通あたり61.2円
広い 圧着はがき
パック
166,240円
1通あたり83.1円
急ぎ 宛名
パック
112,200円
1通あたり56.1円

小松総合印刷

標準 DMはがき
パック
要見積
広い 圧着はがき
パック
要見積
急ぎ 宛名
パック
120,000円~
1通あたり60円

DMパック

標準 DMはがき
パック
153,760円
1通あたり76.9円
広い 圧着はがき
パック
167,660円~
1通あたり83.8円
急ぎ 宛名
パック
×
※2000部を発注した場合(郵送料込/税込)の料金で比較しています