DM印刷&発送代行サービスの活用法 » 様々なDM印刷サービスのメリット&デメリット » バリアブル印刷

バリアブル印刷

このページでは、オンデマンド印刷ならではのバリアブル印刷について、種類やメリット・デメリット、注意点などを説明します。

デジタル処理ならではのバリアブル印刷の種類

バリアブル印刷のテンプレート確認のイメージ可変印刷ともよばれるバリアブル印刷。1通1通異なる内容を印刷する方式で、オンデマンド印刷の普及によってDM印刷でも以前より手軽に利用できるようになりました。バリアブル印刷は別々の版を作るわけでなく、データベースと連動して印刷データの任意の要素を自動的に入れ替えて印刷できるシステム。いってみれば自由度の高い差込印刷のようなものなのです。

DM印刷での利用を想定した場合、その内容から主に以下の3つの用途で利用できるでしょう。

  • 宛名印刷も含めた顧客情報の差込印刷
  • バーコードやQRコード、くじ番号など個別パラメーターの挿入
  • 顔写真など個別画像のレイアウト

このようにバリアブル印刷はデジタル処理だからこそ可能となった技術で、アナログで1通ごとに違う版を印刷していた時代にはDM印刷で利用することはできなかったでしょう。

バリアブル印刷のメリットやデメリット

上で触れた内容とも関連しますが、バリアブル印刷のメリットは1通ごとに違う情報を盛り込むことができるため、DM印刷では主にOne to Oneマーケティングの手法として利用されます。顧客ごとの履歴やニーズにマッチした内容を提供できますし、QRコードや抽選番号を印刷しておけば、その番号を利用したユーザーのレスポンス率などもきちんと補足することができます。

デメリットとしてはコストの問題もありますが、対応している業者とサービスがある程度限られていること。また、きちんとした企画立案のもとに管理進行をする必要があるため、初めて採用する場合は企画段階から相談できる業者を選ばないと企画倒れになるリスクもあります。

バリアブル印刷を利用する際に注意すべき点

バリアブル印刷を依頼する場合、デザイン自体は一種のテンプレートとなり、顧客情報を盛り込む場合は別途そのデータベースを用意して入稿する必要があります。DMやチラシ印刷のデータ入稿は経験があっても、データベースと構成がわかる指示書などをセットで入稿したことがないなら、そのあたりもサポートしてくれる印刷会社を選んでください。印刷データの確認はプリンター出力で簡単にできますが、データベースの方は目視レベルだと精密なチェックがしにくいので要注意です。

費用対効果の高いDMをラクしておトクに作るには?

ホントにおトクなDM印刷&発送代行会社5選

まるわかり!DM業者12社リスト

この記事の関連のページ

当サイトの記載内容に関するご注意:当サイトは、管理人が調査した内容に基づいて制作したものです。内容は正確を期すように努めましたが、各社が提供するサービス内容については、調査後に変更されている場合がありますのでご了承ください。また、管理人による誤解が含まれている可能性もありますので、各社のサービスを利用される際には、公式HPなどで詳細のご確認をお願いいたします。

Pagetop

ケイジェント・プロダクツ

標準 DMはがき
パック
122,395円
1通あたり61.2円
広い 圧着はがき
パック
166,240円
1通あたり83.1円
急ぎ 宛名
パック
112,200円
1通あたり56.1円

小松総合印刷

標準 DMはがき
パック
要見積
広い 圧着はがき
パック
要見積
急ぎ 宛名
パック
120,000円~
1通あたり60円

DMパック

標準 DMはがき
パック
153,760円
1通あたり76.9円
広い 圧着はがき
パック
167,660円~
1通あたり83.8円
急ぎ 宛名
パック
×
※2000部を発注した場合(郵送料込/税込)の料金で比較しています